股関節のストレッチ

スクワット、プッシュアップ、肩と背中のストレッチの前後に、また、ランニングの前に、疲れた時に行うと効果的です。

股関節のストレッチ
  • 片ひざを曲げて開脚の姿勢になります。
  • 曲げた方の足方向へと上体をゆっくりと倒していきます。お尻周りと股関節の伸びを感じてください。

このストレッチは、ひざを曲げた足の内ももに胸、肋骨が乗るように体重をかけていきます。身体の硬い人はなかなか乗らないかもしれませんが方向さえ間違っていなければ◎。筋トレ1つ行ったら左右各30秒キープ後、1.2.3.4と数えながらゆっくりと起き上がりましょう。1つトレーニングを行うたびに30秒ストレッチをすると可動域がどんどんと広がります。

肩と背中のストレッチのトレーニングエクササイズの後は背中、腰肩も伸びて股関節の可動域拡大が実感できます。

背伸び

背伸び

最後に立ち上がって両手を伸ばして伸びを30秒、行います。片手でも大丈夫です。気持ち良く伸びましょう!

ストレッチ、筋トレ中は決して呼吸を止めないように!動きやすい身体に整えてからランニングをしましょう!

イラスト:月山きらら


小山内映子 監修
小山内映子

フィットネスインストラクター
NPO法人らくらく健康隊理事長

プロフィール
東京女子体育大学卒。中学・高校保健体育教員免許。NPO法人らくらく健康隊理事長、ビート&キックス主宰、Gボール協会セミナーリーダー、(財)体育施設協会トレーニング指導士、ゴールドジムスタジオディレクター。1971年、1973年国体出場。1987年よりトレーナー/フリーインストラクター開始、フィットネスクラブ・キックボクシングジムで指導する傍ら1989年特別養護老人ホームにて高齢者指導を開始(介護施設実務25年)。